玄米やブルーベリー入りのサプリメントで栄養素を補おう

緑黄色野菜で健康になろう

栄養剤

目の疲れを癒やすサプリメントの成分として有名なのは、ブルーベリーやビルベリーです。しかし、目にいいとされる成分はそれだけではありません。たとえば、にんじんなども目の疲れに効くとされます。にんじんにはβカロチンやビタミンAが豊富に含まれています。それらは目に優しいことで有名ですが、目の粘膜を維持する効果もあり、目を保護する役割も担っています。そのため、これはサプリだけではなく普段の食事にもとりいれると効果的です。サラダなど生で食べると成分効果を失わずに摂取することができるので、よりいいとされています。サラダの場合はさらにドレッシングを工夫するといいとされます。オイル入りのドレッシングやマヨネーズなどをからめることでより栄養素をとることができるようです。基本的に、ニンジンを含めた緑黄色野菜は目の疲れをとることに効果的だとされています。ブロッコリーやほうれん草、ケールなどは目に効果的なので、サプリだけではなく、それらを材料とした料理を積極的に食べるといいでしょう。しかし、仕事で忙しくて自分で料理をしている時間がないという方もいると思います。そのような方は、できるだけサプリなどで野菜不足を補うといいでしょう。野菜不足は、目だけではなく体全体にも悪い影響を与えてしまいます。若いときは空腹さえ満たせばいいという考え方で、レトルト食品やインスタントを食べてしまいがちです。しかし、そのような食生活は次第に体を蝕んでいきます。最初は、目の疲れや体力の衰えなどに現れますが、年齢を重ねていくと何かの病気にも繋がってしまいます。積極的に体にいいとされる野菜や、それらを含んだサプリで栄養を補うことが重要なのです。